ニキビ治療と予防

一人で解決できなかったニキビの悩みやニキビの治療法、ニキビ跡の対策などを色々な情報や体験談でご紹介

ニキビを良く知ろう

ニキビと一言で言っても色々な種類があります。まずは自分の肌のタイプを知り、原因や種類について知り予防・治療しましょう。

ニキビ跡対策

ニキビが治っていく過程で、どうしても跡が残ってしまうことがあります。そのニキビ跡を完全になくすことは難しいかもしれませんが、薄くしたり目立たせなくする方法はあります。

正しいスキンケアをしよう

やっぱり大切なのはスキンケア!予防・治療する上で、正しい洗顔・補水・保湿をしないとなくなるどころか増える一方です。美容成分を理解し、自分にあったスキンケアを見つけることがニキビをなくす第一歩。本格的なにきび治療をしたい方は「ケミカルピーリング」や「美顔器」を試してみては。

生活習慣を見直そう

どんなに肌を清潔にしても、どんなに自分にあったスキンケアをしても、睡眠や食生活がだらしなくてはニキビは減ってくれません。できにくい生活習慣を心がけ、予防・治療していきましょう。

にきびQ&A

「ニキビ治療MAX」では、肌荒れに対する悩みや質問を大募集しています。そして質問や相談が増えれば増えるほど、同じ悩みを抱えた人達も悩みを解決できると信じています。ぜひご参考にして下さい。

にきび予防マニュアル

私たちが悩んでいるニキビとは、とても奥が深いものです。出来るだけ詳しく説明する為に色々な情報を集めサイトを作りましたが、情報が多くなりましたので短時間で大切なことが分かるように、ニキビ予防・治療の要点を「にきび予防マニュアル」としてまとめましたので、ぜひご活用して下さい。

予防マニュアルを活用

ニキビ予防で大切なことは、にきびの1番最初の原因を作らないことです。要するに皮脂を毛穴に詰まらせないことです。にきび予防マニュアルでは、皮脂と肌(毛穴)に焦点をおき、ニキビ予防を4大対策にまとめてみました。

1.生活習慣を見直す

生活習慣が乱れていると、皮脂の過剰分泌と肌の新陳代謝の乱れとなり、新陳代謝が乱れる事で角質が厚くなり毛穴の詰まりと結びつきます。食生活・睡眠・ストレス・紫外線・便秘・パソコンの中で、自分に当てはまると思う項目をチェックして、改善するよう努めてください。

2.正しい洗顔

洗顔により肌の毛穴の汚れを落とします。ただし、何度も洗顔したり、自分の肌に合っていない強力な洗顔ソープなどを使用すると、肌に必要な分の油脂と水分も根こそぎ落とすどころか肌にダメージを与え、機能を低下させる恐れがありますので、必ず正しい洗顔をして自分に合った洗顔ソープを使用しましょう。にきび治療MAXでは、ピーリング効果により古い角質を落とすピーリング石鹸をお勧めしております。ピーリングは肌に負担を掛ける事がありますので、2日に1回や1週間に1回などと決め、自分に合った使用方法を見つけましょう。

3.必ず補水・保湿はする。

夏だから、オイリー肌だからといって、洗顔後に化粧水や美容液をつけないのは絶対にお勧めできません。洗顔をすると肌の汚れと共に皮脂と水分も落ちますよね、そうすると人の体は肌が乾燥したと判断して多量の皮脂を分泌してしまいます。

多量の皮脂を分泌する前に、「大丈夫だよ乾燥じゃないよ」と化粧水などで肌に教えてあげれば皮脂の分泌を抑える事ができます。そして皮脂を抑えると同時に「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などの栄養も肌に与える事ができ、肌の機能を正常に保ち生き生きとした肌を保てます。補水・保湿は必ずしましょう。乾燥肌の人は「ヒアルロン酸」配合の化粧水など、自分の肌質にあった化粧水・美容液を使用しましょう。まずは「トライアルセット」で探すのが経済的です。

4.体の中から栄養を与える

化粧水・美容液で肌の外側から栄養を与えますが、外面的な栄養とは別に内面的な栄養も取る事で、より肌の機能を健全にできます。外面的な栄養の与え方では肌の奥の奥まで栄養を与える事はできません、そこで口から栄養を摂取する事により体全体に栄養を行き渡らせます。肌に良い栄養素と肌に良い食べ物を参考にして食事に取り入れるようにしましょう。補水・保湿に欠かせない「ヒアルロン酸」など一部の栄養素は食品からは取りにくいのでサプリメントなどを利用すると手軽に摂取できます。

5.決して諦めないこと

ニキビを予防・治療していく上で一番大切なことは、決して諦めない事です。肌の入替サイクルは人によっても年齢によっても様々ですし、完璧な対策をしたとしても肌がすぐに正常になり、にきびがぱっとなくなる訳ではありません。少しづつ減っていく事でしょう。でも少しづつでいいじゃないですか、今まで散々悩んだにきびが減っていく快感を一緒に実感しましょう。

ニキビ情報提供元:http://nikibicrash.jp/