肌に良い美容成分

肌に良い美容成分でニキビの予防・治療・ニキビ跡対策

ビタミンC・ビタミンC誘導体

美容成分とは肌に対して、その機能を補ったり、回復させたり、守ったりと様々な良い効果を期待できる成分のことです。ここでは主に化粧水や美容液で補給できる成分を紹介します。美容成分を良く知ることは化粧水・美容液選びの決め手となりますので、ぜひ勉強しましょう。 ニキビ跡治療には「ニキビ跡に良い美容成分」を参考にして下さい。

誰もが「ビタミンC」はお肌に良い成分と知っていますよね。でも「ビタミンC」は塗るだけでは肌に吸収されず効果が期待できないって知っていますか?それを解決してくれるのが「ビタミンC誘導体」です。大切な成分ですので良く理解しておきましょう。 「ビタミンC誘導体」は3種類あります。なかでもアプレシエ(新型ビタミンC誘導体)はすべての肌質の人にオススメできます。

ビタミンC・ビタミンC誘導体・ビタミンC誘導体の種類

コラーゲン

「コラーゲン」も誰もが聞いたことあると思います。体内のたんぱく質の1/3はコラーゲンでです。コラーゲンは皮膚の柔軟性を保つ働きがあります。皮膚の元は真皮でコラーゲンが70%を占めており、不足するとカサカサの乾燥した皮膚となってしまいます。

EGF

「EGF成分」は1986年にノーベル賞を受賞するほどの成分で、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、 皮膚細胞の新生を促すことができる成分です。ニキビはもちろん跡にも効果的に作用します。ただ、昔は1g(グラム)8000万円もしたそうです。最近になって低コストで製造できるようになり、私達にも手の届く成分になりました。

ヒアルロン酸

「ヒアルロン酸」は体の水分保持に大切な物質です。歳をとるにつれて減少していき、大人の含有量は赤ちゃんの1/4~1/20と言われています。ヒアルロン酸は、体内の細胞をつなぐ役割があり、水分を蓄え、組織や細胞の組み立てを行い、潤滑剤の役目も果たします。

コエンザイムQ10

最近ものすごい話題の「コエンザイムQ10」は、私たちが健康的に生きていく上で必要不可欠な成分です。コエンザイムQ10は年齢と共に減少し、40歳までに半減してしまいます。

お勧めニキビ予防アイテム

「ファンケル」のコラーゲンのサプリメントとコエンザイムQ10の飲料のセット!お肌にハリとつやを与えよう。