ニキビのできかたと種類

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビのできるまで

ニキビが出来るまでのステップ

ここにニキビができそうだ…と分かるときってありますよね。でもニキビができるとき肌で何が起こっているか知ってますか?ここでは発生する過程とその種類を説明したいと思います。

ステップ1毛穴が詰まる

まず毛穴が詰まることから始まります。その原因は汚れであったり、古い角質の残骸であったり、角質自体が厚くなりすぎる事などです。汚れや余分な角質は「ピーリング石鹸」で落としましょう。

ステップ2皮脂の分泌

肌には毛穴があり、そこから皮脂が分泌されています。通常は問題なく毛穴を通り皮脂が外に出ますが、毛穴が詰まってしまうと皮脂が外に出れなくなって大量に毛穴にたまってしまいます。ちょっとだけ(直径1ミリ位)白くぷくっとしている状態です。これは白ニキビ(白にきび)と呼ばれています。

ステップ3アクネ菌と皮脂の出会い

皮膚に多く存在する菌の中にアクネ菌と呼ばれる菌があり、アクネ菌は皮脂を栄養にして増殖しニキビの原因となります。皮脂が詰まればより多くのアクネ菌と皮脂が出会うことになります。

ステップ4脂肪酸から角栓へ

アクネ菌は、皮脂を栄養にして増殖し毛穴の中で脂肪酸を作ります。そして毛穴の中にたまった脂肪酸は紫外線や酸素などで酸化して黒ずみ、角栓となります。この角栓が毛穴のフタとなり、よけい皮脂が外に出れなくなってしまいます。この毛穴が黒ずんだ状態が黒ニキビと呼ばれます。

ステップ5炎症

アクネ菌が増殖するときに発生するポリフィリンと言う有機化合物が活性酸素を大量排出します。活性酸素の主な仕事は殺菌なのでアクネ菌もやっつけてくれそうですが、大量発生した場合は細菌だけじゃなく皮膚細胞も攻撃してしまい炎症をおこし、その部分が赤く腫れあがってしまいます。この状態が赤ニキビと呼ばれています。

ステップ6化膿

活性酸素が皮膚細胞を傷つけると、体内にある白血球などの免疫細胞が活性酸素などの有害刺激と戦ってくれますが、その戦いで力尽きた免疫細胞の死骸は膿みとして出口のない毛穴にどんどんたまってしまいます(黄色っぽい塊がニキビのてっぺんにできる)。これが最終段階で黄色ニキビ(黄色にきび)と呼ばれています。

ステップ7ニキビ跡

黄色ニキビの黄色い塊が自然に取れれば、後は徐々に治っていきますが、肌に赤みが残ったり、肌がへこんだり(クレーター)してしまう事があります。これがニキビ跡です。ニキビ跡についてはニキビ跡対策をご参考にして下さい。

こんな末路をたどる前にピーリング石鹸を使用してステップ1の原因を作らないようにしましょう。