ニキビ跡の治療

ニキビ治療MAXでニキビ跡を治療・予防しよう、にきび跡徹底分析

ニキビ跡をよく知ろう

ニキビ跡は治ったとおもったら後になってしまう事が多く必ずケアしたいもの。せっかくニキビが治っでも跡が残ってしまうのは最悪です。ニキビ跡の原因を知り、適切な処置で跡を薄くできるようにしましょう。

にきび跡は傷跡?

ニキビを「傷」と例えると、ニキビ跡は「傷跡」だとしましょう。

例えば多少の出血がある傷、これがニキビの始まりとして、たいてい少々の傷では跡に残りません。しかし「カサブタ」を無理に剥がしてしまうと、傷の悪化が起きて、跡に残る場合があります。

また、病院で傷を縫い合わせるような深い傷を負った場合は傷痕が残りやすくなります。ニキビ跡は傷痕と似ていて、適切な処置や初期対応で変わります。

ニキビ跡のできかた

ニキビのでき方は分かったと思いますが、ニキビ跡のでき方について説明したいと思います。

ニキビ跡になる原因を簡潔に言えば、皮膚の奥の方にある層(真皮など)にダメージを与えてしまう事により、肌の新陳代謝を狂わせ、元の肌の状態に戻せなくなってしまう事です。

ニキビは化膿や炎症が強くなると、「表皮」の深い層や「真皮」にまで影響を与えてしまいます。悪化している時に触ったり、洗顔などのせいで「血」が出たときありませんか?「表皮」には血管がありませんからニキビから「血」が出るときは「真皮」までダメージが達してしまっている事になります。「真皮」までダメージが達すると色々な跡として跡が残ってしまうことになります。

ニキビ予防が一番の対策

予防には「にきびをよく知ろう」・「正しいスキンケア」・「生活習慣を見直そう」などを参考にして、ニキビを予防し、できてしまっても早い段階で治療してしまいましょう。予防には古い角質を取り除くピーリングがお勧めです。

お勧めニキビ予防アイテム

お肌の凸凹ニキビ跡にはピーリング石鹸。古い角質を落としニキビ予防もしながら凸凹ニキビ跡も改善してくれる、ニキビで悩む人の強い味方!

ニキビ跡の種類・治療法

ニキビ跡と一言で言っても、全部が同じニキビ跡ではありません、ニキビ跡は大きく分けて3種類あります。治療の仕方も3通りです。自分にあるニキビ跡をよく知り、それぞれの治療法を知りましょう。ニキビ跡の種類・治療法はこちら

ニキビ跡に良い美容成分

ニキビ跡に良い美容成分とは、肌の新陳代謝の機能に必要とされる成分のことを言います。ここでは主に化粧水や美容液などに含まれる美容成分を紹介します。ニキビ跡は新陳代謝により改善される事がありますので、ニキビ跡が気になる方は参考にして下さい。美容成分全般は「肌によい美容成分」を参考にして下さい。

お肌の凸凹ニキビ跡にはピーリング石鹸。古い角質を落としニキビ予防もしながら凸凹ニキビ跡も改善してくれる、ニキビで悩む人の強い味方!

ニキビ跡の種類・治療法

ニキビ跡と一言で言っても、全部が同じニキビ跡ではありません、大きく分けて3種類あります。治療の仕方も3通りです。自分にある跡をよく知り、それぞれの治療法を知りましょう。お勧めする化粧水や美容液は「ニキビ跡が気になる人にお勧め化粧水」と「ニキビ跡が気になる人にお勧め美容液」でご紹介しております。

色素沈着タイプのニキビ跡

色素沈着タイプのニキビ跡とは出来ていた場所に、赤色や茶色や紫色っぽいシミのような跡が残ってしまう状態です。私にももちろんあります、赤色のが・・・。これらは「メラニン」や「ヘモグロビン」が大きく関係してできてしまう色素沈着です。

メラニン・色素沈着タイプのニキビ跡

凹タイプのニキビ跡

凹タイプはニキビが出来ていた場所に、サクッと凹んだ「クレーター(月にある穴)」のようになっている跡の事です。私には3箇所くらいあります。このニキビ跡は一番修復が難しいですが、気長に対処していく事で少しでも改善できると思います。

凸タイプのニキビ跡

凸タイプはニキビが出来ていた場所に、皮膚がボコッと盛上がったように見える状態の事です。この凸は、「できかたと種類」で説明した「黄色にきび」の中の白血球の死骸だったり、不完全な「コラーゲン」だったり、厚くなった角質だったりします。それらを取り除く治療をして、凸ニキビ跡を改善しましょう。

ニキビ跡に良い美容成分

ニキビ跡に良い美容成分とは、肌の新陳代謝の機能に必要とされる成分や「メラニン」の生成を抑える作用のある成分のことを言います。ここでは主に化粧水や美容液などに含まれる美容成分を紹介します。ニキビ跡は新陳代謝により改善される事がありますので気になる方は参考にして下さい。

お勧めする化粧水や美容液は「ニキビ跡が気になる人にお勧め化粧水」と「ニキビ跡が気になる人にお勧め美容液」でご紹介しております。美容成分全般は「肌に良い美容成分」を参考にして下さい。

肌に良い美容成分に含まれる

肌に良い美容成分で紹介しました中で、「コエンザイムQ10」「ビタミンC誘導体」「EGF成分」「プラセンタ」もニキビ跡治療のために必要な、新陳代謝の働きに必要とされる成分ですので、ここでも紹介致します。

  • コエンザイムQ10・ビタミンC誘導体の種類
  • EGF成分
  • プラセンタ

ハイドロキノン

「ハイドロキノン」は、メラニン色素の生成を抑える作用があり、「肌の漂白剤」と言われているほどです。扱いが難しく昔は医師の処方箋がなければ手に入れる事ができませんでしたが、今では(2001年から)化粧水や化粧品などに含まれるようになりました。茶色いニキビ跡の色素沈着やシミが気になる人にお勧めします。

フラーレン

「フラーレン」はニキビ跡(色素沈着タイプ)の原因となるメラニン色素の過剰生成を抑え、しかもニキビ(にきび)の炎症・悪化の原因でもある活性酸素の除去作用があります。「フラーレン」はニキビ(にきび)とニキビ跡予防(色素沈着タイプ)に作用する成分です。

ニキビ跡が気になる人は

悩み別にお勧めする成分をピックアップしてみると下記を配合している製品がオススメです。

ニキビ跡(色素沈着)

ハイドロキノンコエンザイムQ10

ニキビ・ニキビ跡(色素沈着)

フラーレン

ニキビ跡(色素沈着・凹)

EGF成分

ニキビ・ニキビ跡(色素沈着・凹)

アプレシエプラセンタ