20代からのニキビ治療

20代からのニキビとは?ニキビ治療MAXは、ニキビ・ニキビ跡・大人ニキビの治療専門サイト

20代のニキビとは?

ニキビは若い人だけの悩みではありません、20代はもちろん、30代40代になってもニキビには悩まされます。しかも、若い頃よりも治りにくく跡も残りやすいです。もちろん同じケアをしていたら駄目ですよね、肌を元気にするケアが一番重要になってきます。

20代過ぎにもなると、年齢と共に肌の新陳代謝の機能が衰え、社会生活でのストレスも肌の新陳代謝のサイクルを狂わせます。

新陳代謝の機能が衰えると、垢(アカ)となって落ちるはずの古い皮膚(角質)が落ちずにいつまでも肌に居座り、その間も新しい肌を作り出そうとしているので、肌が分厚く硬くなります。

そうすると、硬くなった皮膚(角質)に邪魔され外に出るはずの皮脂が出れずに毛穴に溜まっていってしまい、アクネ菌と出会いニキビとなります。

まずは分厚く硬い角質を落とす

20代以降の人が予防・治療をするなら、まずは硬くなって分厚くなってしまった角質を落としてあげる事です。

しかし、普通の洗顔でいくら頑張ったところで汚れを落とすのが精一杯で、角質までは落とせません。そこで登場するのがピーリングです。ピーリングとは剥がす(はがす)と言う意味で、文字通り角質を剥がす為に行います。

昔はピーリングは皮膚科などで行っていましたが、時間もかかり値段も非常に高価でした。しかし、今はピーリング石鹸と言う自宅で洗顔しながら角質を落とせる洗顔石鹸が登場し、人気を呼んでいます。

ピーリング石鹸で分厚く硬い角質を落とし、ニキビの出来にくい柔らかい肌を手に入れましょう。ピーリング石鹸は「にきび肌の洗顔石鹸」で紹介しております。

洗顔後のケア

さて、ピーリング石鹸により古い角質を落とし、皮脂が外に出れる事でニキビが出来にくい肌になることは分かったと思いますが、年齢的に肌の新陳代謝の機能が低下している事には変わりません。

若い頃は洗顔後に「ヒアルロン酸」など肌の乾燥を防ぐ補水・保湿化粧水などを塗っていれば、肌本来の力で肌の再生を正常に繰り返す事が出来ましたが、歳をとるとそうもいきません。

そこで登場するのが「コエンザイムQ10」や「EGF成分」、「プラセンタ」などの新陳代謝を促進してくれる成分が入った化粧水や美容液です。それらの成分は新陳代謝を促進することでニキビ跡のにも有効に働いてくれますので、ニキビ跡が気になる人にもお勧めしております。

20代以降の人にお勧めできる化粧水は?

「ニキビ跡用の化粧水」で20代以降の人にお勧めできる美容液は「ニキビ跡用の美容液」にてご紹介しております。

お勧めニキビ予防アイテムは、衰えた肌の力をアップさせるお米の成分を配合した高級スキンケアセット。CanCanやGraziaなどにも掲載された本格スキンケアです。